医療用ウィッグを選ぶタイミングも知ろう!

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療用ウィッグを使用したいと思っている人の中には投薬による治療をしている方もいるでしょう。治療では副作用によって脱毛が始まることもありますが、実際に脱毛をするという場合には医療用ウィッグを選ぶタイミングが重要になります。具体的にどのタイミングで選べばいいのかについて紹介します。

ウイッグまず治療を始める前ですが、脱毛が始まった後のヘアスタイルが決まっているなら治療前に医療用ウィッグを注文してもいいでしょう。実際に治療前のメリットとしては自分の髪型を実際に見比べながら選ぶことができるので装着した時のイメージがしやすくなります。しかしサイズに関しては慎重に考える必要があるので注意が必要です。

続いて治療が始まっているときですが、治療が始まった後は髪の量やむくみなどによって頭のサイズが変わることがあります。サイズはどのくらい使用するか期間なども考えながら選ぶと安心です。基本的に医療用ウィッグはサイズが合わないと使い心地が悪くなりますし、頭皮と擦れて痒みや肌荒れに繋がることも考えられるので注意しましょう

このようにいつ購入するかで知っておきたいポイントとも異なるのでこれから購入を検討している方はタイミングについてチェックしておくといいでしょう。

医療用ウィッグの種類について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医療用ウィッグを購入する時に知っておきたいのが種類です。種類によっても特徴は異なるので、購入すると決めたら種類についても把握しておいた方がいいです。では、具体的に医療用ウィッグにはどんな種類が存在しているのかについて知らない方のために教えます。

女性1つ目の種類は既製品です。医療用ウィッグというとオーダーのイメージがありますが、既製品で販売されているものもあります。既製品はのウィッグは安くてお手頃なのが特徴的です。しかし、医療用ウィッグはあまり安さばかりを中心に考えない方がいいでしょう。なぜかというと、基本的に既製品は頭の形にピッタリのサイズを選ぶことができない場合があるからです。ですが、業者によっては試着だけのために送料無料でウィッグを届けてくれるところもあります。気に入らなければ返送すれば良いので、実物を手にとって使い心地を実感することができます。こうした医療用ウィッグを専門に扱っている「ライツフォル」のような業者であれば、購入したあとに長さやスタイルも変更してもらえますので安心です。もしも既製品で購入を検討する場合は必ず試着が出来るか確認しておきましょう。

送料、返送料、試着料、すべて無料でお届けいたします。試着だけのご利用で、購入されなくてももちろんOK!

ご購入後、カールや長さなどのスタイルの調整も無料で行いますので、お気軽にお申し付けください。

2つ目はセミオーダーの医療用のウィッグです。これは自分の頭に合わせてサイズの調節を行うことができ、好きなスタイルにカットも可能です。医療用ウィッグを購入するなら最低限セミオーダーはした方がいいです。

最後に3つ目はフルオーダーで作られたウィッグです。スタイルや毛質、毛量、色合いなども全て好みに応じて作れるのがフルオーダーです。自分だけのウィッグを作りたいならフルオーダーを選ぶといいです。